上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
関東甲信越ブロック研究大会のおしらせ

1 日時 2016 年 11 月 26 日(土) 11 時 30 分~ 15 時 50 分

2 会場 新潟市新津地域学園(新潟市秋葉区新津東町 2 丁目 5 番 6 号)

 会場までのアクセス

 車での場合:磐越道・新津インターチェンジから 2 分 無料駐車場あり

 バスの場合:新津駅東口発京ヶ瀬営業所行きバスに乗車し新津工業高校高前下車し徒歩 3分(発車時刻は 11 時と 11 時 40 分)

  徒歩の場合:新津駅東口から約 25 分

3 参加費 500 円(学生は無料)

4 主な内容

小学校低学年、小学校中学年、小学校高学年、物理・化学、生物・地学の 5 つの授業づくり講座と実験・観察紹介

5 日程
10:00:開場
11:00:受付
11:30 ~ 12:50  授業づくり講座①
じしゃくでたんけん ~てつさがし~(小1)
三態変化 (小4)
溶解度の実験を私はこう実践している(中1)
物質と原子 (中2)

13:00 ~ 14:20  授業づくり講座②
チョウを育てよう (小3)
地層の学習の教材について~地域教材の 活用と模擬実験の工(小6)
放射線に関する『研究授業』(中3)
ICTを活用したアクテ ィブ・ラーニング

14:30 ~ 15:50 実験観察紹介
ひもでつくる DNA モデル・「光の実験」で使う「眼球模型」・ 小学校低学年での科学工作の紹介・空気の質量測定用ボンベ・いろんなリードスイッチモーターの紹介・大型フレネルレンズで光の実験・200円でよく聞こえるステレオヘッドフォン ・「フレミングの左手の法則を超簡単に」・ 同体積の銅とアルミニウムの塊・200 °Cの水蒸気を作る銅パイフ・各種無線センサー活用によるアクティブラーニング型の実験紹介 など

16:10~16:40
関東甲信越ブロック打ち合せ

・開場から開始まで時間があります。
この時間を利用し、隣接する「新津鉄道資料館」の見学も可能です。

7 問い合わせ先  和澄 利男  CXE06432@nifty.ne.jp
2016.11.26 Sat l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
科教協第63回全国大会静岡大会報告会
        
日時:9月22日(木)秋分の日 14:00~16:00
場所:松戸市立常盤平中学校 第1理科室
《最寄り駅は新京成線常盤平駅or五香駅or八柱駅or武蔵野線新八柱駅それぞれ徒歩15分程で、一番近いのは常盤平駅です。常盤平駅or八柱駅からバスもあります。学校に車も停められます。》

静岡大会で科教協ちばから報告した内容とお楽しみ広場<実験紹介広場>などで仕入れたグッズの紹介

参加費無料:報告会後に時間のある方は残暑払いにも参加を。
2016.09.22 Thu l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
科教協第63回全国大会静岡大会
            2016年 8月6日(土)~8日(月)
                

8月6日(土)「あざれあ」(静岡県男女共同参画センター)
〈午前〉科学お楽しみ広場


〈午後〉はじめの全体会、
記念講演
     講師:長谷川博氏、アホウドリの研究と保護活動の第一人者
〈夜〉ナイターⅠ

8月7日(日) 静岡大学教育学部

〈午前・午後〉分科会
 ① 幼児・小学校低学年(生活科) ② 小学校中学年 ③ 小学校高学年
 ④ 物理 ⑤ 化学 ⑥ 生物 ⑦ 地学 ⑧ 障害児・者と自然科学教育
 ⑨ 自然と社会 ⑩ 教員養成

〈夜〉ナイターⅡ

8月8日(月) 静岡大学教育学部
〈午前〉分科会
〈午後〉おわりの全体会
      ミニ見学会 (ふじのくに地球環境史ミュージアム)


8月9日(火)フィールドワーク「富士山宝永火口」


 全国から北海道から鹿児島まで400名以上のたくさんの仲間が参加しました。新規入会者は12名いました。暑い静岡でした。静岡の皆さんお世話さまでした。
 全体会の講演会で「アホウドリをオキノタユウと呼ぼう」と話された長谷川氏の講演と元高校の校舎の上手に活用したふじのくに地球環境史ミュージアムが心に残りました。

静岡大学の印象
 静岡大学の教職員や学生には申し訳ないが、北大から山口大学まで国立大学や私立大学を多くの大学を覗いて来たが、このように年寄りや障がいしゃに優しくない大学は初めてであった。学生(聞くと元学生であったが)にも「どうなの?」と聞いてみたのだが苦笑いしていた。後日、静岡大学出身の市会議員と話したが、彼女の通っていた頃からの川柳で、寮歌をもじった『日々(にちにち)の足の太さに驚きぬ あまりに山の高きに学びて』という有名な句があるのだそうだ。彼女は卒業して40年以上経った今でもすらすらと言えるので余程有名な句なのであろう。坂のことを定年坂(定年が近くなるととくにきつくなるので)とも言うのだそうだ。
 なお静岡大学工学部は浜松にあり、こちらは平坦部にあるキャンパス。静岡大学工学部も訪問したことがあるが、独自のTVを開発した高柳健次郎氏で有名で高柳記念館がある。
2016.08.10 Wed l 活動報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
科教協第63回全国大会静岡大会に参加しよう
            2016年 8月6日(土)~8日(月)
                
8月6日(土)「あざれあ」(静岡県男女共同参画センター)
       静岡駅から西に徒歩10分
〈午前〉科学お楽しみ広場
授業ですぐに使える実験や教材・教具を、会員の経験を通した実演・紹介や販売をします。

〈午後〉はじめの全体会、
記念講演
     講師:長谷川博氏、アホウドリの研究と保護活動の第一人者
〈夜〉ナイターⅠ 個人やグループが授業や実験・教材、自然や科学について報告

8月7日(日) 静岡大学教育学部(静岡駅からバス25分)

〈午前・午後〉分科会
「分科会」は、大会のメイン行事です。授業や教材など個人の具体的な報告に基づいて経験を交流し意見交換をし、参加者だれもが勉強になることをめざします。

 ① 幼児・小学校低学年(生活科) ② 小学校中学年 ③ 小学校高学年
 ④ 物理 ⑤ 化学 ⑥ 生物 ⑦ 地学 ⑧ 障害児・者と自然科学教育
 ⑨ 自然と社会 ⑩ 教員養成

〈夜〉ナイターⅡ

8月8日(月) 静岡大学教育学部
〈午前〉分科会
〈午後〉おわりの全体会
      ミニ見学会 (ふじのくに地球環境史ミュージアム)


8月9日(火)フィールドワーク「富士山宝永火口」

7:50富士駅、8:20新富士駅出発 ― 新五合目 ― 宝永火口 ― 樹林帯 ― 15:20新富士駅 ― 15:30富士駅

大会参加費
県内参加:3,000円 県外会員:4,000円 県外一般:5,000円
     臨時採用教員・学生:1,000円  一日参加:2,000円

   フィールドワークは、大会参加費と別に参加費が必要です。

連絡先:静岡大会実行委員会 skrc@sf.tokai.or.jp


☆良い宿(安い近い便利)は早めに予約しましょう。千葉から静岡大学まで、車で3時間以内に行くことも、夜中でしたら可能ですけど。
2016.07.21 Thu l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
科教協ちば
6月の学習講座
科教協ちばの6月の学習講座が市川市の昭和学院中学校・高等学校にて開催されました。

日時 6月18日(土)13時から受付
           13時30分から

場所 昭和学院中学校・高等学校 市川市

参加費 100円(会員・学生は無料)

授業実践報告後にお楽しみ広場(実験紹介やグッズ紹介)

実践報告
☆「ICTを活用した理科の授業実践~理科における言語活動の充実~」
☆私の今までの和洋での授業実践
☆市川大野高等学園での理科の授業
☆「放射線災害」の授業報告

お楽しみ広場(実験紹介やグッズ紹介)
「生物教材((ボルボックス・ゾウリムシ・シャジクモ))配布」
「ジャガイモの配付(メークインとダンシャク)」
「DNAビーズ模型」
「フレミングの左手の法則を簡単に」
「手回し発電機の実験紹介など」

参加者は14名(学生1人)でした。
会場校である昭和学院中・高には大変お世話になりました。校舎がキレイで使いやすかったです。私立の教員の方々もいろいろと忙しそうでした。
2016.06.21 Tue l 活動報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。