上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
第5回千葉県高等学校課題研究発表会参観
 市川学園高校にて


                  3月25日(火)

 大柏川第一調整池緑地の大柏川ビジターセンター駐車場に車を停めて、市川学園に行きました。大柏川第一調整池緑地の見学も兼ねて寄ってみたのです。この調整池はすごく大きな調整池で、県の大柏川第1調整池排水機場が併設されています。20年程前にこの周辺が大きな水害にあって、調整池として、7年前に出来たとのことです。

 市川学園にはステージ発表やポスター発表の生徒と引率の教職員がたくさん来ていて、一部中学生のポスター発表もありました。全体会開会会場の國枝記念国際ホールという立派なホールは定員680名程なので、会場に500人位の参加者がいたと思われます。
 各学校の発表はいろんな意味でう〜んというような感じのものもありましたが、堂々とプレゼンテーションすること自体が大切なことなのでしょう。各学校の生徒は、それなりに場数も踏んで来たと思われます。質問にも落ち着い受け答えしていました。全て英語でプレゼンテーションした女生徒2人の発表(県立長生高校)もありました。プレゼンテーションはかなり練習したのでしょう。さすがに質問の答えは日本語でした。数学共同研究講座という、市川高校・市立千葉高校・県立佐原高校の連携の発表もありました。
 ポスターが全て英語で書かれたものもありました。
 昼は食べないで、校内やポスターを見学しました。中学校の控え室の物理実験室で市川から来ていた科教協ちなの会員のTさん達と話しました。Tさんは男子生徒とその母親と来ていました。県の理科作品展に出した放射線の論文の研究発表だそうです。論文で県まで行ったものは推薦されるそうです。市川はこの日が終了式で、それで11時過ぎに到着したのだそうです。(全国的には小学校ですが25日が卒業式という所もあるのだそうです。)県内でもいろいろ日程が違うんだな、と思いました。

 午後は14時すぎまでポスター発表を聞きました。15時30分までがポスター発表で、閉会式で優秀賞の表彰があるります。
 この発表会は千葉のSSHネット主催です。1校当り3000万程の予算がつくとも言われるSSH(スーパーサイエンスハイスクール)って何なんでしょうね?実態をもっと知る必要があるように思いました。
2014.03.25 Tue l 活動報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
おとなりの
東京支部の秋の研究集会
                です

10月20日(日)10時から16時30分
東陽小学校
地下鉄東西線東陽町駅からすぐです。

チラシは↓
http://t-tokyosibu.net/sosai/13f.pdf

 しっかりと冷たい雨の降った一日でした。
管理人は体調崩しながらも何とか参加しました。雨の中、若い世代の参加者が目につきました。
 ちょうど木場公園では「江東区民まつり」をやっていたのですが、雨のせいか出足も悪かったようです。
 物理分科会に参加しました。15人程の参加者でした。他の分科会は物理分科会が一番端の会場だったのでよく分かりませんが、全体に若い参加者が多かったように思いました。
 参加費は1500円(会員)でした。
 昼休みに会場受付に居た吉埜さんに昨日葬儀の行われた江川さんのことを聞きました。「8月まで元気で、腰が痛いということで検査のために入院したとのこと。腎臓の癌から腰や肺に転移した癌が見つかったのだそうです。亡くなる直前まで意気軒昂だったそうです。」とのことでした。江川さんは松戸の地まで何度か来ていただいて、組合教研の講師や講座の講師で活躍されました。校内研の講師としても市内の何校かはお世話になっていたようです。
 物理分科会は、午前中は「作用反作用」の授業記録(東京の高校)「熱の学習」実践報告(埼玉の高校)。午後は、「放射能の授業その後とこれから」「高校物理基礎での原子核の授業プラン」(東京の高校)でした。東京の高校の報告はプランでしたので、実践後の報告を聞きたく思いました。15名程の参加者のうち、放射線の授業を行ったことがある方は3名程で「はかるくん」を知っている方は6名ほどでした。

 東陽小学校は関東大震災や東京大空襲で、全焼したりしたことは知っていましたが、職員室前の廊下の沿革表に「1917年に津波被害」と書かれていました。「津波被害にもあっているんだ」と思って、自宅で調べて見ると「関東大水害」と言われている高潮被害のことであるようです。「津波」っていう表現で良いのでしょうか?
2013.10.20 Sun l 活動報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
「放射線と歯の話し」(乳歯保存運動)

 10月3日に「放射線と歯の話し」(乳歯保存運動)のシンポジウムを松戸市民会館で 聞きました。まだ、ヒトの乳歯には3.11後の影響は出ていないようです。乳歯は母胎に胎児がいるころにはすでに生えているからです。3.11後に産まれた子どもたちの乳歯が生え変わり始める5年後頃の乳歯に注目する必要があります。その点で今の乳歯は、その乳歯と比較対照するためにも保存する必要があります。
 すでにフクシマの動物の歯には放射性物質がしっかり取り込まれていることが分かっています。
   







 フクシマの避難地域にはなぜかダチョウも野生化しているようです。
2013.10.03 Thu l 活動報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
第2回事務局会議報告

4月26日(金)18時から20時
津田沼ヨーカドー7Fファミールにて
内容 6月の講座と12月の関東甲信越ブロック研究集会に向けて

6月は「昭和」の森への自然観察会を行うことになりました。
関東甲信越ブロック研究集会への下見も兼ねることになりました。
関東甲信越ブロック研究集会は12月に開催予定です。

事務局員の異動後の学校のようすを少し交流しました。スポーツ等の部活動が盛んな学校のさまざまな問題点が浮き彫りになりました。
スポーツは文化なのに競争原理が基盤にある単なる社会への適応訓練場になっているのではないかな、と私には思えています。

ファミールの白玉宇治抹茶ミニパフェ390円。内容からいって少し高い。
2013.04.26 Fri l 活動報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
風邪?と花粉症に抗してお出かけ
聖徳大学
第7回子どもの発達シンポジウム
放射線被曝と子どもの健康


いま子どもたちは
教育の未来を考えるシンポジウム


                     3月9日(土)

 晴れて暖かい1日だったが、私は熱があった。しかし、出かけたいイベントが2つあったので松戸まで出かけたのだった。

 1つは聖徳大学での放射線のシンポジウム。
13時から(私は5分程遅れてしまった)
 聖徳大学1号館 香順メディアホール 築3年ほどの立派なきれいなホール
講演
「ヨード接種と甲状腺がん予防の真実」
原田 正平 国立成育医療研究センター成育医療政策科学研究室長
「放射性ヨードが健康に及ぼす影響の真実ー治療に使う放射性ヨードの影響からわかること」
吉村 弘 伊藤病院内科部長
「放射線被曝と子どもの将来の健康の真実ー福島とチェルノブイリの比較からわかること」
高田 純 札幌医科大学教授(放射線防護学)
パネルディスカッション
「放射線被曝と子どもの健康ー真実を明らかにして正しい理解のために」
17時まで
 参加者70名程。
 質問を高田氏に1つ、全体に1つしたが、私の短い質問の発言をも遮るように、持論を展開しようとする高田氏には閉口した。高田氏のデータのとり方に恣意的なものを強く感じた。
 高田氏はようするに「フクシマ原発事故によって出ている放射線線量は大したことがない」ということと「フクシマ原発はメルトダウンなんかしていない」「事故当時の対策の失策は全て民主党政権だったから」と強調していたのだった。
 私は、伊藤病院の吉村さんの話を聞きたくて無理して出かけたのだが、うわさ通りの高田氏の一方的な話し振りには呆れたのだった。

 2つ目は松戸市民会館での教育シンポジウム。
17時から(私は20分程遅れる)。
 6人のパネラーの1人千葉県知事候補者の三輪定宣さんの誠実な人柄が滲み出るお話であった。
19時まで
 参加者70名程。
2013.03.09 Sat l 活動報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。