上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「放射線と歯の話し」(乳歯保存運動)

 10月3日に「放射線と歯の話し」(乳歯保存運動)のシンポジウムを松戸市民会館で 聞きました。まだ、ヒトの乳歯には3.11後の影響は出ていないようです。乳歯は母胎に胎児がいるころにはすでに生えているからです。3.11後に産まれた子どもたちの乳歯が生え変わり始める5年後頃の乳歯に注目する必要があります。その点で今の乳歯は、その乳歯と比較対照するためにも保存する必要があります。
 すでにフクシマの動物の歯には放射性物質がしっかり取り込まれていることが分かっています。
   







 フクシマの避難地域にはなぜかダチョウも野生化しているようです。
スポンサーサイト
2013.10.03 Thu l 活動報告 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakyoukyoutiba.blog85.fc2.com/tb.php/575-11f9a982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。