上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
行きたくもなかったけどディズニーランドへ

                        11月20日(土)

 娘がこの日の無料パスをもらったのだけど、自分自身が行く時間が無いとかで、そのままもらって来た。この日は午後は時間に余裕があったので、私の家から舞浜までの電車乗車時間は30分もかからないし、午後からでも、ゆっくり行ってみようか、ということになった。舞浜に着いたのは16時過ぎであった。
 正直、ディズニーランドには興味は無くて、自分の金を払って行ったのは、子ども達が小さかったときに一度だけ。仕事の引率では行ったことは何度かあるが、「年に何度も行く」という人たちとは趣味趣向が違うな、と日頃から思っている人間である。まあ、こんな機会がなければ、カルチャーの一側面が観られる場所としてディズニーランドを覗いて見ることはないだろう。

 出かけて見て
 前日が荒れた天気の日だったせいか、日曜の夜というのに、たくさんの客がいて感心した。相変わらず、どのアトラクションも長蛇の列。途中で何度「もういいや、帰ろう」と思ったことか。
 結局、21時頃までいることになったのだが。

 カルチャー面から感じたこと
 ミッキーはともかくとして、ドナルドやグーフィーやシマリスのチップとデールなどのキャラクターをアトラクションで登場させたりやお土産で扱っているのは、どうなのだろう?と思った。キャラクターとして古いのでは?ということ。私たちの世代なら、そのようなキャラクターが活躍するアニメを観て育っているが、今の子どもたちは、そのようなキャラクターが活躍するアニメ自体を見たことはないのではないだろうか。最近の映画のキャラクター(と言ってもそろそろ10年くらい経つものが多いが)のトイ・ストーリーやニモやカリブの海賊に関係したようなキャラクターなどについてはまだしも。
 グーフィーやシマリスのチップとデールなどのキャラクターについては、その多少レトロな雰囲気がまた良いのかもしれないが。いくつかのアトラクションを見たりして、ロボットや動物や恐竜の動きなどがぎこちなく感じた。今のテクノロジーなら、もっと滑らかな動きをさせることが可能だろう。わざと、レトロな動きをさせて、郷愁を感じさせるような演出をしているのかもしれない。
 ミッキーやドナルドの新作のアニメが見たい気もしないでもないが、まあ無理でしょう。

舞浜駅にて




16時過ぎてもこれだけの人。帰る人も多いけど。


キャラクターを扱っているお店。








ちょうど夕日が見えました。




このあたりからすごい人。


ツリーをバックに写真サービス。




ランドそのもの。


いろいろとクリスマスの飾り付けが見られました。


コスプレの子たちも。


どのアトラクションも並ぶだけで30分以上待ち。


ホッとする野鳥(?)のカモ。
芝は人工芝だけど。
もう帰ろうかな?と思ったのだけど、せっかく電車代を払ったのだから、散歩のつもりで一周して帰ることにしました。








一方の端っこにあるトゥーンタウン。


もう一方の端っこのクリッターカントリーへ。


ここはこの時間では数少ない人の居なかった所。


静かでした。


そろそろ帰ろうかな?とウエスタンランド辺りに来たらいきなりの夕立。
傘は持っていません。
ビックサンダーマウンテンの列に並んでなんとか建物内に入れました。


ここでえんえんと並びます。時間潰しに外を撮りました。


建物に入っても乗り物まで長い列。


ときどき外の歓声が聞こえます。












結局、乗り物に乗るまでほぼ1時間かかりました。


乗り物に乗っている時間は5分ほど。実際に走行時間は3分程。
何十年振り(おそらく50年振り?)の「ジェットコースター」でした。夜乗ったのは初めてですね。




またまた、もう帰ろうと思ったら、たまたま目に付いたウエスタンリバー鉄道の列が短かったので並びました。




ここでの並ぶ時間は8分程でした。


西部のつくりものの「自然」です。






10分程の乗車でした。


この列車は実際に蒸気で動くようです。


日本のお土産店。千葉物産館・美術工芸のお店。




またまたまたまた、帰ろうかな、と思ったのだけど、時間は19時。19時30分からパレードがあるとのこと。まあ、話の種に見てみるか、とまたまたまた帰るのを止める。


ファンタジーランドの井戸のお金。


パレードの出て来る辺りにあったホーンテッドマンションのハロウィンのアトラクションの列がなかったので覗いて見ることに。列がないと思ったら結局建物内で何度ももったいぶる演出の部屋があって、アトラクションの乗り物乗車までに7分程かかりました。
 アトラクションは・・・。子どもだましですね。ただ、このアトラクションは、蛍光やホログラフィーを使った
最新(?)のテクノロジーが見られた。


アトラクションを出たらパレードが始まっていた。


より写真の撮りやすい所を探して移動しますが、どこも人が一杯。


結局、すぐ帰れるように出口近くに移動。


それぞれの「山車」(というよりフロートというのでしょうか)にお金かかかってるだろうな、と思いました。


手持ちではちゃんと撮るのは難しい。
























20時過ぎて、さて帰ろうと思い、トゥモローランドの方を見てみたら人の姿が少なくて空いている。この際、気になっていた「キャプテンEO」を見ちゃおうかな、とまたしても予定変更。
「キャプテンEO」ご存知マイケルジャクソンの3Dミュージカル。
20時30分からの花火は見られないかも。




ここでも並んでないので、すぐ見られると思ったら、3Dめがねを渡されてからもロビーで15分待たされました。


ホールは300人以上は入れるでしょうが、半分程の観客でした。18分程の上映時間。


映像に合せてここから顔に水がかかります。椅子も振動で動きました。


やっと帰宅の道に。もう21時。




道を間違えて、正面の東京ディズニーランドホテルに。


ついでですから少し覗きました。


舞浜への道。


お土産屋のボン・ヴォヤージュ(良い旅を!という意味だそうだ)を覗きました。
もちろん何も買いません。






シマリスのチップとデールです、


そう言えば、舞浜も液状化の被害が。


気を付けないと分からないくらいですが、夕立の雨があったせいか、水たまりが。


ディズニーシー方面を覗こうとしたら、イクスピアリ(ショッピングモール)入口で、ワインの無料試飲会をやっていました。せっかくだから一杯。


一杯飲んで、遅いので帰りました。

帰宅後に、シングルライダーっていうアトラクションの優先システムがあることがディズニーランドのMAPを見て分かったけど。どうなんだろう。
スポンサーサイト

2011.11.20 Sun l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakyoukyoutiba.blog85.fc2.com/tb.php/484-6076069f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。