fc2ブログ
第52回千葉県母親大会 流山母親大会としては9回目
流山歴史散歩と超満員の姜尚中(カンサンジュン)氏の講演

                     9月13日(日)

 美術にも造詣が深く、新日曜美術館の進行役でもある姜尚中氏の話も聞いてみたくて参加した。
 駐車料金がかかりそうなので少し迷ったのだが、車で行くことにする。駐車料金は1日の場合は割引で400円だった。母親大会の参加券は1000円。
 午前中の分科会は、流山の史跡巡り(流山市ウオッチングー歴史散歩 流山史跡ガイドの会)に参加した。前もって申込んでいなかったので、当日は予約ですでに一杯。40名の定員を越えて、希望者が多かったので2班に増やしたほどだそうだ。全員で50人程の予約者なので「キャンセルが出るのでは?」と予想し、世話人に、まずは仮の申込みをした。案の定と言っては悪いが、出発時間までに5・6人来ていなかったので参加出来ることになった。他にも私のような人が何人かいた。
 この歴史散歩は結構忙しい見学であった。この日の見学は流山歴史散歩の「おさらい」として、次回にじっくり見学するということになるであろう。それでも全コースを歩いて2時間30分の見学であった。
 今回の県母親大会の全参加者は1200人(後日の報道では1400人の参加とも)。講演時のホールは通路にも座り、立ち見も出て、会場に入れなかった人もいると聞く。講演中、後ろのドアは明けっ放しであった。「こんなに千葉県の母親大会で参加者が多かったことは最近ではないのでは?」と思ってしまうほどの参加者であった。なにしろ千葉県の西の端の流山での開催である。さらに、会場の流山市文化会館には、電車で行く場合は、常磐線あるいは武蔵野線から流山鉄道に乗り替えないと辿り着けない場所なのである。
 先日「姜尚中氏の講演があるけどいっしょに行かない?」と誘った息子には断られたけど「あの女性に人気の姜尚中さん?」と言われて「女性に人気なの?そうなんだ」と初めて知ったのだが、会場に行って『息子の言った通りだな』と思ったのだった。
 姜尚中氏の語り口はテレビで観る同様、きちっとした論点を展開する。首を大きく振って、きついようにも思える眼差しで会場を見渡し、渋いながらも、ハキハキした口調で語っていた。
 心に残ったフレーズを
 女性は様々なハンディを抱え、女性の生きづらさ(この使い方?)が明確に現れている社会である。トヨタの役員が「姥外」と表現したことがある。
 時代は「あれもこれも」ではなく「あれかこれか」の時代である。
 亡くなる直前の4月に金大中と対談し、近々本を出すそうだが金大中氏は「リーダーは半歩前を歩け」「リーダーは民度が生む」と語っていたそうだ。
 女性は世界の人類の半分。女性問題は実は男性問題であって、男子と女子は同志である。(男子、女子という言い回しが気になった。日頃は学生相手だからかな?)
 最後のまとめで
 民主党政権の今後が大切。私たちをしっかり今後をときには励まし、ときには批判していくことが求められる。政党政治の要となる時代である。
 姜尚中氏が
「学者よりも物書きになりたい。」
 と言っていたことが心に残った。

 
スポンサーサイト



2009.09.13 Sun l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲